軽自動車の車検費用を安くする方法

軽自動車は女性や主婦の方が多く乗られているので、車検費用についても「安く済ませたい」というニーズが多い車種です。車は毎年の税金や自動車保険、ガソリン代など維持費がかかるものです。その中でも大きなウェートを占める車検について徹底解説していきます。

そこでこの記事では

・軽自動車の車検費用の相場
・車検費用を抑えるためのコツ
・軽自動車の車検が安いお店の特徴

について解説していきます。
この記事を読めば車検費用の相場が分かり、うまく節約できるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

軽自動車の車検費用の相場は?

運営店舗の業態別に車検費用(基本料金まで)を比較していきます。

車検専門店

軽自動車の車検費用は4万円~5万円程度

専門店はフランチャイズ展開していますが、全国統一の車検費用を提示しているフランチャイズと、加盟店舗によって車検費用がバラバラのフランチャイズがあります。実際に利用する店舗の料金を確認することが大事です。

一般の整備工場

軽自動車の車検費用は5万円~6万円程度

一般の整備工場は主に既存のユーザーに対する車検サービスとなります。新規獲得にそれほど積極的ではないので、車検費用が極端に安い店舗は少ないようです。店舗ごとにオーナーの特色があるので思わぬ特典があったりするかもしれませんね。

メーカー系列ディーラー店

軽自動車の車検費用は6万円~7万円程度

一般的なイメージ通り、ディーラー店舗の車検は高い料金設定が多いです。新車購入のお客様へのサービスという位置づけだからでしょう。新車購入していない方のご利用は少ない印象です。

軽自動車の車検費用の内訳は?

車検費用といってもいくつかの項目に分かれます。
店舗ごとで費用が異なる部分と法定費用と呼ばれる部分を分けてみていきましょう。

軽自動車の車検での法定費用

自動車重量税

重量税は車検時に2年分を支払います。価格はエコカー適用や年式で変わってきます。

エコカー免税:0円
エコカー本則税率:5,000円
エコカー以外で新車から13年:6,600円
新車から13年超過:8,200円
新車から18年超過:8,800円
※国土交通省のホームページで詳しい内容が確認できます。
国土交通省のホームページはこちら

自賠責保険

車検時に自動車にかける保険です。重量税と共に支払います。
2021年4月改定時点の軽自動車の料金は19,730円となります。
自賠責保険料はどこで掛けても同じですから、車検を受ける店舗で掛けてもらうのが手間もなく安心です。

手数料印紙代

指定工場(保安基準適合証を発行できる工場)なら1,100円です。
持ち込み車検なら1,400円です。

店舗ごとで異なる車検費用とは

車検基本料金と呼ばれる費用です。
車検専門店や格安で車検を提供している店舗では、基本料金のみで分かりやすいですが、そうでない店舗の方が多いので注意が必要です。

例1)某ディーラー
24ヶ月基本点検料:22,000円
検査代行料:11,000円
保安機器測定料:4,400円
基本料金合計:37,400円

例2)某ガソリンスタンド
車検基本料金:8,800円
検査更新料:12,100円
基本料金合計:20,900円

例3)松阪市のウッドベル
車検基本料金:10,000円

このように店舗によって表記の仕方が異なりますから注意しましょう。

車検費用が高い店が安心はホントか?

f:id:e-woodbell:20200930152644j:plain


車検が安い店に対して、品質や技術力などに不安を感じる方は多いと思います。

車検が高い店なら安心というのは、ディーラー店舗に対するイメージです。
ディーラー=安心
ディーラー=高い
この2つのイメージが重なっているのですね。

車検が安い店は、信頼できないのかというとそうではないです。
「いいものを安く買いたい」というのは多くの消費者の欲求です。


高い品質と技術を安く提供するお店は、他社以上に努力と技術向上への土台がある店舗とも言えます。しっかりと費用以外のサービス接客、設備、技術、見積もり内容などを見て選びたいですね。

車検費用を抑えるためには? 

自動車の車検費用を抑えるためには軽自動車に乗るのが一番ですね。特に地方都市では一家に複数台の車があります。すべてが普通車だと年間の維持費が高くなります。車検費用を考えるなら軽自動車がお勧めです。

軽自動車は部品の値段も安いですから、メンテンナンス維持費も安くなります。一家で複数台持ちなら一台は軽自動車がいいのかもしれませんね。

車検費用が高くなる要因は、基本料金以外の追加整備と言われる部分にあります。
この追加整備を抑えることが大切です。

エンジンオイル交換

エンジンオイルに関して言えば、日々のメンテナンスをしっかりしていれば、エンジンのオイル漏れや不具合につながるリスクは低いです。しかしメンテナンスを怠ると余分なオイル漏れや不具合が発生し、高額な整備費用がかかってきます。

タイヤ交換

車検のついでにタイヤ交換をする方も多いと思います。しかし、本来はタイヤの残溝量やタイヤの劣化具合で交換のタイミングが来るものです。車検時に慌ててタイヤも追加となると、相見積もりや他店の値段を調べることなく依頼してしまいやすいです。車の消耗品の中でも、大きな割合を占めるので、タイヤ交換はキャンペーンや安い店舗で別に購入するのも考えたいですね。

要望をしっかり伝える。

店舗のスタッフが聞いてくれる場合もありますがそんな店舗ばかりではありません。予算やあとどのくらい乗るのか、乗り換えの予定などを伝えるといいでしょう。何年も乗っていると整備箇所は出てきます。自分の予算や希望で優先順位を考えてくれる店はポイントが高いですね。

年間走行距離を伝える。

車の消耗品は走行距離との関係性が大きいです。年間5,000kmの人と年間20,000kmの人ではお勧め内容は当然変わります。しっかりとご自分の年間走行距離を伝えて進めてもらうようにするといいですね。

軽自動車の車検が安いお店の特徴

軽自動車の取り扱いが多い店

輸入車販売店や普通車を中心に販売しているディーラーなどでは、軽自動車の料金が割高になりやすいです。店舗のブランディングもありますが、輸入車ディーラーに軽自動車がいっぱい入庫していると変な感じですよね。料金設定はブランディングにも関わりますから、あえて高くしている店もあると思います。

国土交通省指定工場

指定工場であれば、陸運支局に出向いて持ち込み検査をする必要がありません。陸運支局に整備士が往復する人件費とコストがいらない。

年間1500台以上の車検台数

指定工場には検査員1名以上を含める工員が4名以上必要です。年間の車検台数が少ないと工場運営コストで赤字になりますので、基本料金やオイル交換などの料金設定が高くなりやすいです。

車検以外に収益の柱があるお店

車検だけに頼った経営体質の店舗は、車検で利益を十分に上げなければ経営が成り立ちません。一方で車検以外にも強い収益の柱があるお店は、車検の料金を高くすることよりも、なんでも気軽に相談してもらえるよう料金を低めに設定していることが多いです。

格安で安心して車検を受けたいならウッドベル

ウッドベルは三重県松阪市で創業50年を越える老舗カーディーラーです。
松阪市という土地柄もあり、軽自動車の販売にも長年力を入れていました。軽自動車を保有するご家族でご利用されるお客様が多いのが特徴です。

主婦の方が一人で気軽に立ち寄れる店づくりが嬉しいですね。
そして、美味しいものを食べたり、旅行に行ったりするのと違い、車検費用は節約したいと思う方は多いのではないでしょうか?でも安いだけだと不安になることも。

ウッドベルでは、安さの他に、納得して頂けるように立会い車検のシステムを取り入れています。お車の状態を、リフトアップした状態で整備士がご説明します。お客様の日常での使い方、年間倉庫距離などを伺い最適なメンテナンスプランをご提案します。

しかもエンジンの状態がいいと褒めてもらえます!

自分の車を褒めてもらえると嬉しいですよね。

車検だけでなく、オイル交換やタイヤ交換も格安だから安心です。

そして、スズキアリーナ店としてディーラー運営しているから、メーカー指定の整備士資格保有者も在籍していて技術もバッチリ。国産の軽自動車を長年整備してきた技術の蓄積もあり、お客様の愛車を大切に整備いたします。

エンジン載せ替えやエアコン修理、4輪アライメント、ミッション修理など高度な技術がなければできない整備もお任せください。カー用品店様からのご紹介で修理でご来店する方もお見えです。

ご来店をお待ちしています。