車検ローンで分割払いができる

他の出費と重なって車検費用の支払いが負担になるという時に、車検ローンで分割支払い出来ることをご存じですか?本記事では車検費用の分割払いについて解説していきます。

車検で利用できる分割払いの種類

  • 銀行系マイカーローン
  • クレジットカード分割払い
  • 車検ローン

大きく分けてこの3つの種類があります。

銀行系マイカーローン

マイカーローンと聞くと新車や中古車を購入するときに使うのではとお思いの方が多いと思います。実は銀行によっては車検や修理などの費用にも使えるローンが用意されています。

銀行系マイカーローンのメリット

銀行ローンの特徴は金利が安いということです。2~4%程度の金利で借りられるところも多いようですから、回数を長めに組みたい方は銀行ローンがおすすめです。車検で追加整備が多くなる場合やタイヤなど一緒に購入する場合など便利ですね。回数12回以上なら金利負担も大きくなってきますから、検討してみるといいですね。

銀行系マイカーローンのデメリット

手続きに手間がかかるところです。車検を受ける店舗で借りないので、車検前に申込みしておく必要がります。車検前に詳細な見積もりをしてもらい銀行の審査を受ける必要があります。銀行窓口の営業時間が短く、時間が取れない方には利用するのは難しいです。ただし最近はネット申し込みが可能な銀行もあるので、ネットで申し込みにチャレンジしてみるのも有りですね。

銀行を利用する際の必要書類は?

ここでは一般的に銀行で必要な書類例をあげています。実際には借入する銀行で確認してください。

  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 所得証明書類(直近の源泉徴収票や所得証明書)
  • 使い道を確認できる書類(車検の見積書等)
  • 利用する銀行の預金口座
  • その他金利優遇に対応するもの(銀行ごとに異なる)

クレジットカード分割払い

すでにお持ちのクレジットカードであれば分割払いを利用することも考えられます。銀行ローンに比べ普段から使っているので馴染みがありますね。ただし使用には注意が必要なのでよく考えて利用したいものです。

クレジットカード分割払いのメリット

ローン申込みなどに比べ、自分で保有しているクレジットカードで分割払いが選べるので手軽です。クレジットカードの分割払いに対応している店舗なら、支払い時に分割払い回数を告げるだけですから簡単です。自分のカードが対象なのかどうかは確認しておく必要はあります。

クレジットカード分割払いのデメリット

クレジットカードは店舗によって利用できないことがあります。またクレジットカード払いは可能でも分割払いは対応していないという車検工場もあるので事前に確認することをお勧めします。また、ローンとは違いクレジットカードの利用額の制限や自賠責保険料や重量税、印紙代など諸費用部分は現金での支払いを求められることも多いです。そして分割には金利が掛かる場合が多いということです。この点もクレジットカード会社に確認をしておくことが大切です。

クレジットカードでの支払いは分割払いを利用しなくても、現金払いの方も活用するとメリットがあります。

  • ポイントが溜まる!

クレジットカード会社の多くは利用額に応じたポイント制度があるので、高額な車検費用の支払いにクレジットカードを使うとポイントがたくさん溜まります。

  • カードの締め日を活用して、口座振替日を先送り!

カードの引き落とし額を決める締め日を考慮して車検を受ける日を決めると、諸費用はその場で現金で払い、残りはカード払いなら、口座から引き落とされる時期を先送りできます。これなら分割金利もかからないしいいですね。

※当社では車検時のクレジットカード利用は、諸費用を除く部分のみ上限5万円までです。一回払いのみとなります。あらかじめご了承ください。

車検ローン

車検工場やディーラーの中には、車検や修理に利用できるローンを組める店もあります。銀行ローンよりこちらを利用する方が多いと思います。どのようなメリット・デメリットがあるか見ていきましょう。

車検ローンのメリット

車検ローンは銀行でローンを申し込むのに比べ手軽で簡単です。車検の受付時に一緒に申し込めばその場で審査をしてくれる店舗が多いと思います。車検のために何度も時間を取らなくていいので便利です。また、店舗によってキャンペーンなど特別な施策を行っているところもあります。クレジットカード払いに対応していない店舗でも、車検ローンを取り扱っている場合があります。また、車検費用の全額を申し込める会社が多いので、クレジットカードより制限が少なくなります。

車検ローンのデメリット

銀行ローンに比べ金利が高いです。7%~10%程度の設定のところが多いです。支払回数を多く設定したい方は注意が必要ですね。12回払い程度まででとどめておくと、金利手数料はそれほど気にはならないでしょう。

クレジットカード払いに対応しない会社の主な理由は、カード会社に支払う手数料が3~5%程度かかることが原因です。そのためクレジットカードは使えないけど車検ローンなら全額申し込める店舗が多いと思います。

車検ローンのキャンペーンとは?

  • キャンペーン例:金利分を負担してくれる!

これはローンの金利を店舗が負担してくれるキャンペーンです。利用料金や回数の制限はあると思いますが、うれしいですよね。金利の負担が掛からなければメリットが大きいです。

  • キャンペーン例:低金利

車検のローンはショッピングローンの部類になるので金利は高めです。長い回数を使うとそれなりに金利負担が掛かります。低金利を利用するのもいいですね。ただ、新車などを買う時のような低金利は期待できないので、出来るだけ回数を短くすることをお勧めします。

ウッドベル車検ローンのご案内

ウッドベルでも車検ローンを取り扱っています。

当社ではお客様のご負担を少なくするために、特別な車検ローンの条件をお作りしています。

車検全額利用可能!

自賠責保険料や重量税、タイヤ交換費用など全額をローンを組めます。

ローン金利負担!

一定条件を満たすローンの金利を当社が負担に足します。

スピード受付!

その場で簡単スピーディーな審査をいたします。お待ちいただいている間で大丈夫です。

  • 車検費用は自賠責保険料、重量税を含む全額利用可能!

クレジットカード払いの場合は諸費用は現金で頂いていますが、車検ローンでは全額をローンに組み込んで頂くことが可能です。頭金もいらないのですぐに現金を用意しなくてもいいのも嬉しいですね。

  • ローン金利をウッドベルが負担します!

車検のローン金利を当社が負担いたします。こちらのご利用には条件がございます。

ご利用条件:車検費用総額15万円まで、支払回数6回までのご利用となります。

例:車検総額9万円なら、月々15,000円の6回払いとなります。

  • その場で簡単スピーディー!

車検証と運転免許証があれば、その場で審査受付いたします。お待ちいただいている間に審査も終了するからラクラクです。

※審査の結果ローンをご利用いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

まとめ

長く車を乗っているとどうしても車の部品が消耗したり、修理が必要になるものです。

そんな時に思わぬ出費で困らないためにも、現金以外の支払い方法も覚えておいてくださいね。

最新の投稿