車検は割引より最初から安心価格で!

車検はなるべく安く済ませたいという方は多いと思います。

安心して運転できるように必要な整備は受けたいけど費用は安く済ませたいものです。洋服を買ったり、食事に出かけるのと違って法律で定められている部分が多いから経費という側面が大きいです。

今では車検を取り扱う業者はディーラーや整備工場だけではなくなっています。車検専門店やガソリンスタンド、中古車販売店も車検サービスを取り扱っています。正直、いろいろと比較して検討するのは面倒です。

本記事では、車検のチラシや広告によく記載されている「割引特典」について解説していきます。

他社の車検広告によくある割引内容

  • 早期予約割引

車検満了日の2か月前、3か月前、6か月前など早めに予約すると割引される特典のようです。車検を検討するのが遅れると割引が受けられません。早めに予約しないと高い基本料金のまま受けることになります。業者によっては2年前予約割引などがあります。該当するのは、新車を買った人もしくは車検を受けた直後の人だけなので現実的ではない割引です。

  • ペア予約割引

ご家族の車両やご友人同士で車検を予約すると適用される割引です。ご家族で複数台お持ちならお得です。ですがディーラーで新車購入時にメンテナンスパックに加入していると初回車検はディーラーでという方も多いです。そうすると家族の車を一緒に予約できないので残念です。

  • 早期入庫割引

こちらは、車検満了日に対して、早めに入庫頂いた方への特典のようです。予約で選択できる日時が限られるのでお客様のご都合と工場の空き状況がマッチしないと難しそうです。

  • 継続割引

同じお店でリピート利用のお客様に適用している割引のようです。新規では適用されない特典となります。

  • 平日入庫割引

平日ご利用のお客様に割引する特典です。どうしても土日に予約が集中しやすいため平日を安くしています。これは多くの指定工場で同じ状況のようです。当社では【平日入庫】と【土日祭日入庫】で別料金を設定しています。

  • 代車なし割引

代車を維持・管理するのにはコストが掛かっています。代車をご利用にならないお客様に割引サービスは嬉しいですね。当社の一日車検でも代車が不要のお客様には割引を適用しています。

他社のチラシや広告掲載には、「最大割引適用」価格が掲載されていることが多いので注意が必要です。すべての割引内容をよく見ると、ご自分が適用されない項目が多いのが分かります。

車検を検討するのは車検満了日の1ヵ月~2ヶ月前という方が多いです。そうなると当然「早期予約割引」が適用されませんし、早期入庫も難しいという方が多いのではないでしょうか。

他社の車検は、なぜ割引が設定できるの?

割引がいっぱいあると安いイメージが付きやすいものです。

車検で割引ができるのは法定費用を除いた基本料金の部分です。ベースになる車検基本料金を高めに設定することで、割引が可能になっています。

最大割引が適用される一部の人は安くなりますが、多くの人はそうはならないでしょう。

また、ホームページで車検料金が最大割引適用済みの価格しか表示されていない店もあります。

ウッドベルの車検はいつでも一律自由に選べます。

ウッドベルの車検料金で割引というものは、一日車検の「代車なし割引」のみです。

車検の料金は分かりやすく4つに分類しています。

  • 立会い車検【平日入庫】
  • 立会い車検【土日祭日入庫】
  • 一日車検【平日入庫】
  • 一日車検【土日祭日入庫】

早期予約割引やペア割引など適用が難しい割引を失くし、最初からシンプルに低価格の料金設定をしています。

うっかり車検を忘れていたという方でも、安心の低価格でご利用いただけます。

車検料金は消費税込み

車検料金の消費税の表示に関しては、会社によってバラバラです。

当社のチラシに掲載されている車検基本料金は消費税込みで表記しています。ぜひ税込価格で比較してください。

立会い車検なら平日入庫で車検基本料金は税込みで10,000円です。税別なら9,091円という安さです!

車検基本料金はネットで簡単見積もり

下のリンクから当社の基本料金を簡単に見積もりできます。ぜひご確認ください。

まとめ

ウッドベルでは多くのお客様に車検をご利用いただいています。

出来るだけ分かりやすい料金体系を心がけています。

車検には基本料金の他に、必要な整備やご依頼の整備などの料金がかかります。

ご来店いただければ、ご予約前に詳細なお見積もりをご提案いたします。

見積書をご確認の上、ご検討ください。

お問い合わせ、ご来店を心からお待ち申し上げます。